東京都民教会とは

1918(大正7)年にアメリカから帰国をした久布白直勝・久布白落実牧師夫妻と二人の信徒によって千駄ヶ谷にて「東京市民教会」として設立されました。その後、東京都民教会となり、ここ下北沢へと移転をしてきました。

同志社大学の創立者新島襄などが中心になり、設立された日本組合教会(会衆主義、会衆派)の流れを汲むプロテスタント教会です。1941年、国の政策により30余りのプロテスタント諸教派と合同し、日本キリスト教団(正式名称:日本基督教団)になりました。国策に無批判であったのは、今も教団の反省材料です。そのひとつの表明が第二次大戦下における日本基督教団の戦争についての責任告白です。

会衆主義は「独立、自治、自由」を掲げて、一人一人の信徒と牧師が力を合わせて教会を運営することを大切にしています。

日本キリスト教団は日本最大のプロテスタントで、全国に約1,700の教会・伝道所があります。関係する学校法人も多く、同志社、神戸女学院、梅花学園、福岡女学院、青山学院、東京女子大学、明治学院、恵泉女学園、横浜英和学院、東洋英和学院、静岡英和学院、関西学院、東北学院、北星学園など日本各地にあります。

下記の教会案内(PDFファイル)もご覧ください。
教会案内(2018年2月10日版)

GAKU4858

GAKU4395