礼拝順序

日曜礼拝(主日礼拝、聖日礼拝とも言います)は、午前10時30分から始まります。
<東京都民教会礼拝式をご案内いたします>

・前 奏:礼拝は前奏から始まります。席に着いて心を静め、黙祷をもって過ごしましょう。
どうぞ、黙祷の内に礼拝の心ぞなえとして下さい。

・招 詞:私たちを招く神の言葉(今年度の聖句)が読まれます。

・讃美歌:神に心からなる讃美をいたしましょう。讃美歌をお待ちでない方は教会に備え付けがありますので、
ご遠慮なくご使用下さい。

・主の祈:主イエス・キリストが弟子達に教えた祈りです。週報をご覧下さい。
主の祈りは「世界を包む祈り」とも呼ばれています。なぜなら「我らの日用の糧を今日も与え給え」
との一句は、自分の生活だけが満たされるのではなく、私たちが世界の人々と生活に必要なものを
分かち合う責任があることを覚える祈りだからです。

・交読文:応答形式の交読文です。司会者と会衆が交互に読みます。お座りの席にありますのでお使い下さい。

・祈 祷:司会者が祈ります。心に憶えるものがありましたら、アーメン(その通りです)とご唱和下さい。

・讃美歌:讃美歌を歌いましょう。オルガニストがリードしますので、ご一緒にご唱和下さい。

・聖 書:教会歴(キリスト教のカレンダー)をもとに選ばれたり、その時の教会の状況によって選ばれます。
司会者によって読まれます。聖書をお持ちでない方は教会に備え付けがありますので、どうぞご使用
下さい。

・説 教:キリスト教会では牧師がその日の聖書箇所を通してお話をします。聖書を読み解きながら現代社会に
生きる私たちに告げられるメッセージです。

・讃美歌:その日の聖書やメッセージに即した讃美歌を歌います。ご一緒にご唱和下さい。

・献 金:神への感謝のしるしです。担当者が席を回ります。金額は全くの自由です。

・頌 栄:「父なる神、子なるキリスト、聖霊」からなる三位一体の神を賛美する歌です。私たちを日曜日の礼拝
から新しい一週間へと遣わす神様への感謝の讃美歌です。讃美歌の543番を歌います。

・祝 祷:祝福の祈りです。牧師から礼拝出席者全員に神の祝福が祈られます。

・後 奏:新しい一週間に向かって祝福を受けて歩み始めます。神の導きとお守りを願って黙祷をもって過ごしま
しょう。

・報 告:司会者によって週報に記載されている今週の集会のご案内やお知らせをいたします。

*なお、ご起立に困難を覚える方や体調がおもわしくない方は、お座りのまま礼拝をお守り下さい。
*携帯電話は電源をお切り下さるか、マナーモードにして下さい。
*礼拝後にホールにお菓子と飲み物(コーヒーや日本茶など)が用意されていますので、お時間のある方はお菓子と
飲み物をお召し上がり下さい。